2010年08月04日

中電さんのIH研修の巻

昨日、中部電力さんに来ていただき、社内でIH体験&研修会をしていただきました。

IHクッキングヒーターの優れた点は、いくつかありますが、その一つは、火力調整が

細かくできるところです。

湯煎いらずで、簡単〜♪

丸ちゃんが作っているのは、チョコミルクゼリーです。

ゼラチンやチョコレートを溶かすのに、普通は湯煎をしますがIHはとろ火も得意グッド(上向き矢印)

なので、湯煎なしできれいに溶けます。

むかし、鉄板焼き屋でアルバイトしてました!

もちろん強火も得意グッド(上向き矢印)

丸くんが作っているのは、焼きそばです。

ここで…ワンポイントアドバイス!

焼きそばを作るときに、袋には、「水を入れてほぐす」とありますが、水ではなく、

お酒を入れるとお肉の臭みも消えて、風味がUPしますよ〜。

(お酒の量は適宜調整してくださいね。それから、しっかり加熱して、アルコールは

飛ばしましょう。)

⇒実は、これ、中電さんに教わりました。実際に作ってみたら、麺がべたつくことも

なく、美味しかったです黒ハート

アウトドアでは料理得意なんだけどなぁ

ふるさんが作っているのは、子どもたちが大好きなアメリカンドックです。

揚げ物の温度調節が自動でできるのも、IHの大きな特徴です。これは便利!

(※使うお鍋と油の量に決まりがあります。)

私の家はすでにオール電化なので、使い方やお手入れ方法などは分かっているつもり

でしたが、お鍋の選び方やおススメお手入れ法など、実用的なことが聞けて

ものすごく勉強になりましたかわいい
posted by トノ at 10:15| Comment(2) | TrackBack(0) | ショールーム訪問記
この記事へのコメント
本当は夏祭りに行って直接お聞きしたいのですが、
あいにくその日は行けず・・・
なので、ここで質問させてください!
湯煎なしでチョコを溶かすとありますが、
ボウルをそのままIHの上で使うということですか?
それともやっぱり鍋に入れて?
どっちですかー??
Posted by 吉田Y妻 at 2010年08月04日 21:31
吉田Y妻さま、コメントありがとうございます〜。

(夏祭りでお会いできないのが残念です…《涙》)

さて、チョコを溶かす作業ですが、ボウルでOKです。

ただし、火加減は一番弱いもので…。

ケーキを作るときにバターを溶かすのにも使えますよ〜♪
Posted by tono at 2010年08月05日 13:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/39970988

この記事へのトラックバック